ルート1・2から見た視点